本文へスキップ

社会保険労務士法人みつばち高橋事務所はトラック運送業の労務管理を得意とする大阪の社会保険労務士事務所です。

TEL. 072-626-7076

〒567-0888 大阪府茨木市駅前2丁目5番24号大福ビル2階

運転時間とは

運転時間とは、自動車を運転している間の時間のことをいい、「ハンドル時間」とも呼ばれます。作業時間、休憩時間、待機時間は含みません。

運転時間は次の制限があります。

  • 最大運転時間
  • 連続運転時間


最大運転時間とは

  • 2日平均して、1日あたり9時間以内
  • 2週間平均して、1週間44時間以内

1日あたりの運転時間を計算するとき、特定の日(例えば毎月1日や月曜日など)から2日ずつ区切って、平均して9時間以内になるのが望ましいですが、改善基準告示に違反するかどうかは、次のように考えます。



@=((a)の運転時間+(b)の運転時間)÷2   A=((b)の運転時間+(c)の運転時間)÷2 @かAのどちらかが9時間以内になっていればOK(これを毎日繰り返 してチェックしていきます。) 休日、下車勤務日は0時間となります。 なお、「2日」とは、1日目の始業時刻から48時間をいい、この48時間内での運転時間を合計し、2で割って平均を算出します。


1週間あたりの運転時間は、特定の日(例えば月曜日など)から2週間ずつ区切って、平均して44時間以内になるようにします。



この場合、1日のように、特定の週の前後を見ることはできないと考えられていますので、注意が必要です。 ((d)+(e))÷2が44時間以内になっていればOK!


連続運転時間とは

  • 1回あたり4時間以内

連続でハンドルを握ることのできる時間は4時間です。
連続運転時間をリセットするためには、休憩、作業などハンドルを握らない時間を作ることが必要です。
ただし、次のような制限があります。

 @ 連続30分以上のハンドルを握らない時間をつくる
 A 1回10分以上、合計30分以上のハンドルを握らない時間をつくる



休憩などが30分に達した時点で、それまでの運転時間はリセットされると考えて良いでしょう。

小口配送のドライバーさんなど、1件あたりの配達時間が短い方は、1回あたりのハンドルを握らない時間が10分未満となり、休憩等とみなされず、知らない間に連続運転時間が4時間を超えている場合もありますので、こまめに確認することが必要です。

合わせてチェック

長距離運行で、数日にわたって運行する場合、国土交通省の規定では、運転者が営業所を出発してから元の営業所に帰るまでを一運行と言いますが、一運行の時間の上限は144時間(6日間)が限度となります。
ということは、6日間で行って帰れる距離しか運行できないと言うことになります。
なお、運行途中の休息期間は加算しますが、フェリー乗船時の休息期間は加算されません。
これは、改善基準告示ではなく、国土交通省の告示(平成13年国土交通省告示第1365号・平成15年1月23日最終改正)ですが、合わせてチェックするようにしましょう。


バナースペース

社会保険労務士法人みつばち
高橋事務所

〒567-0888
大阪府茨木市駅前2丁目5番24号
大福ビル2階

TEL 072-626-7076
FAX 072-626-9244
法人番号 5120905004830
法人名 社会保険労務士法人みつばち