本文へスキップ

社会保険労務士法人みつばち高橋事務所はトラック運送業の労務管理を得意とする大阪の社会保険労務士事務所です。

TEL. 072-626-7076

〒567-0888 大阪府茨木市駅前2丁目5番24号大福ビル2階

改善基準告示とは

改善基準告示の概要

改善基準告示とは、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」のことで、もともと労働省労働基準局長の通達だったものが、平成元年2月9日に労働大臣の告示として示され、数度の改正を経て現在に至ります。
労働基準法の適用が難しい自動車運転者に対して、トラック、バス、タクシーと業態ごとに限度時間等の基準が定められています。
ここでは、トラック運送業の改善基準告示と、関連する法令等の主な説明をいたします。

改善基準告示とは

改善基準告示で定められるルールには、次のようなものがあります。

  • 拘束時間の制限
  • 休息期間の確保
  • 運転時間の制限
  • 休日労働の制限


これらを守っていないと、運輸支局や労働基準監督署の監査の際に違反として指摘され、車両停止処分や是正勧告の対象となります。

万が一、労働時間中に事故があった際には、過労でないのか、守るべき所はきちんと守られているのか、などが確認されますので、コンプライアンス(法令遵守)を強く意識しなければなりません。

労働基準法のルールも当然適用されます。

  • 1日8時間、1週間40時間のどちらかを超えたら残業(割増賃金が必要)
  • 6時間超の労働で45分以上、8時間超の労働で60分以上の休憩が必要
     (ただし、運輸交通業の場合は一斉に休憩を取らせなくても良いとされています)
  • 1週間(7日間)に1日以上の休日(法定休日)
     (この日に出勤したら休日労働の割増賃金が必要)
  • 午後10時(22時)から午前5時までの深夜労働時間に対する割増賃金
  • 三六協定の締結


など

なお、都道府県公安委員会から確認等を受けて行う緊急輸送の業務、高圧ガス保安法に基づき運行する高圧ガスタンクローリーや火薬類取締法に基づき行う火薬類の運送の業務など、厚生労働省労働基準局長が定める一定の業務については、その運行に従事する期間を含む1ヵ月の拘束時間および2週間の運転時間の上限について、特例が適用されます(適用除外業務であることを証する書類の備え付け、当該業務に従事した期間が明らかとなる記録の整備が求められます)。
ただし、その業務に従事しない期間については、通常の改善基準が適用されます(平9.3.26基発第201号)。


ご案内

当事務所では、わかりにくい改善基準告示等を、わかりやすく解説したガイドブック(表紙込み28P)を販売しております。
1冊10%税込み1,000円となります(送料実費)。
お申し込みは、FAXで承っております。
申し込み書は、当サイト右上の「お問い合わせ」にあります。
トラック協会様の研修資料や、社会保険労務士の先生方の顧問先様への指導にもお使いいただけます。


目次

運転者とは
改善基準告示が適用される運転者の確認等はこちらから
労働時間とは
労働時間の解説はこちらから
拘束時間とは
拘束時間の解説はこちらから
休息期間とは
休息期間の解説はこちらから
休日とは
休日の解説はこちらから
運転時間とは
運転時間の解説はこちらから
休憩時間と待機時間
休憩時間と待機時間の解説はこちらから
書類の保存期間
書類の保存期間の解説はこちらから

当サイトに掲載されている情報は、当事務所が入手可能な情報において、正確性や完全性を目指して作成しておりますが、その正確性あるいは完全性について、当事務所は何ら表明及び保証するものではありません。また、掲載されている情報は事前に通知することなく変更されることがあります。当サイトのご利用に当たっては、当サイトの情報だけを鵜呑みにせず、必ず最新の関係法令等の確認をしていただきますようお願いいたします。なお、当サイトの情報を利用して生じた損害については補償いたしませんので、ご了解のもと閲覧下さい。

バナースペース

社会保険労務士法人みつばち
高橋事務所

〒567-0888
大阪府茨木市駅前2丁目5番24号
大福ビル2階

TEL 072-626-7076
電話受付は平日午前9時00分から午後5時00分となります。
FAX 072-626-9244
法人番号 5120905004830
法人名 社会保険労務士法人みつばち